注目の記事

上手に負ける重要性

本日のポンド円LDタイム~NYタイムのボラティリティ63Pほどでした。

このボラではトレンドフォロー系の手法ではまず勝てません

しかしその日のボラは終わってからしか解かりません。

チャンスが来ればエントリーし結果それがLCされてもいいと思います。

こういうボラの時はTPまで行かずにLCされる事がほとんどです。

ただこういう時の為にデイロスリミット(1日これだけ負けたらその日はトレードしない)を設定し損失が大きくならないようにするのがいいと思います。

1日3回連続負けしたらやめる 1日30P以上負けたらやめる

こういう設定は必要です。

エントリーした後TPになるかSLになるかなんて相場任せです。

1万通貨でやる方なら3,000円~3,500円の負けをトレード前から受け入れるという事です。

最初から負けを受け入れることが結果、負けを最小限にする事であり上手に負ける方法たと思います。

関連記事

  1. アイキャッチリング

    ストップロスLCについて(損切り)

  2. Ball in number seven on roulette wheel

    なぜ90%以上の人がFXトレードで負けるのか?

  3. ab4d85c7adc69bc96c439b2d0e3372c4_s

    エントリーチャンスまで待つ事の重要性

  4. Fx5eVqt9IW9zs221431836948_1431836966

    FX 外国為替証拠金取引とは?

  5. 4eda8cbad396cdb6d7413829e654d247_s

    将来ロットを大きくしてトレードしたい方へ

  6. Cz3mL6a_kBR26P41430240001_1430240016

    FXトレードサロンの資金管理は?

  7. 35PueCNoDbR2YUa1431687729_1431687740

    過去検証とデモトレードについて

  8. 2gRezxyUW0c18tZ1434801710_1434801735

    トレーダーより皆様へ

  9. Zft2xtBrt4aQTFy1432549380_1432549396

    レバレッジは後から決まるもの

PAGE TOP