注目の記事

現在FTA新カリキュラムを急ピッチで制作中

皆さま、こんばんは。FXスクールFTAサポートのいっしーです。

現在、急ピッチで来年の1月のリリースに向けてFTAの新カリキュラムの、
講義動画・メンバーサイト・トレードメソッドプログラムの構成を制作しています。

本日も、ヤスさんと講義動画の撮影をしてきました。

%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e4%bd%9c%e6%88%90%e9%a2%a8%e6%99%af%e3%83%a4%e3%82%b9%e3%81%95%e3%82%932

現在のFTAマスターコース・ベーシックコースをリリースしてから約1年になります。

今年のFXスクール活動で色々見えてきた事、もっと多くの会員さんに勝てるトレーダーになって頂く為に

必要なことをヤスさんのトレードメソッドから作り上げている最中です。

%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e4%bd%9c%e6%88%90%e9%a2%a8%e6%99%af%e3%83%a4%e3%82%b9%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%84%e3%81%a3%e3%81%97

これまで色々議論を繰り返しながらカリキュラムの構成を練ってきましたが、大方の目途が経ってきました。

構成を練ってきた期間は実に4~5カ月に及びますし、直前になっても、一回作成した講義動画を見直しながら、

再度構成を見直して講義動画の撮り直しをしたりしてより良いものを作り上げています(^^)/

特に新コースのカリキュラムでこだわっているのは、
「王道の考え方でシンプルにトレードをしていく事」
「効率良く動画サイトで学べる構成なっている事」
「対面でのレッスンを重点的に、
一人一人その人に合ったトレードプログラムをコンサルしていく事」

にこだわっています。

そこには、ヤスさんが運用トレーダーとして培われてきたトレードメソッドや、
マインド、マネーマネジメントをお伝えするプログラムになっています。

また詳細をお伝えできる段階になったらご案内させて頂きますね。

来年度の
東京での無料セミナーは、
1/14(土) 14:00~17:00 東京FX座談会

1月のFX無料セミナーは、
【大阪サロン】で個別相談会(随時)として実施します。

下記のお問合せフォームより、ご希望の日時・時間をお知らせください
(調整の後、日時を決めさせて頂きます)

FX無料セミナーのお申込みよりお問合せ願います!

「FXスクールFTA無料セミナーのご案内」

参加をご希望の方はお早目にお申込みお願いします。

決断して行動できる人がトレードでもどんどん上達していってます(^^)/

FXスクールFTAの会員さまの素晴らしいトレード結果なども参考にして下さいね。


「FXスクールFTAの会員様の声と素晴らしい成績」

関連記事

  1. %e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%81%ae%e6%84%9f%e6%83%b3

    FX無料セミナーをコツコツやってると「わかる人には伝わるもの」ですね!

  2. %e5%80%8b%e4%ba%ba%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e3%81%ae%e6%84%8f%e7%be%a9

    個人レッスンとFXスクールの意義

  3. 950_450アイキャッチ

  4. 大阪セミナー0820_2

    FTAの無料セミナーはリピーターの方が案外多い!?

  5. %e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%a7%e5%8b%9d%e3%81%a4%e4%b8%80%e8%a8%80

    トレードで勝つために必要なことを「一言」で表すと!?

  6. %e6%9d%b1%e4%ba%ac%e5%80%8b%e4%ba%ba%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b31008

    FTAの個人レッスン。トレード熱心な方にはとことん個人「レッスン」いたします!!

  7. サロン勉強会_0805_1

    FX勉強会(8/5) 会員様のトレードの開眼ポイントとは!

  8. %e4%ba%ba%e5%b7%a5%e7%9f%a5%e8%83%bd

    人工知能の発展で無くなる職種とトレード技術

  9. 0812スカイプレッスン

    FXスクールFTAの個人スカイプレッスンの様子(8/12)と個別指導の意義

PAGE TOP