注目の記事

トレードで勝つための「自分のコンセプト」と「目標設定」

皆さま、こんばんは。FXスクールFTAサポートのいっしーです。

先週の金曜日はトレードサロンでFTAの会員さま向けの勉強会を実施しました。
dsc08649

今回の勉強会でも「トレードで勝つための自分のコンセプト」と「目標設定」をワーク作業として皆様に落とし込んで頂きました。

先ずはトレードで勝つためのコンセプトとして上げられたことは、

・チャンスはある。焦らない!
・トレンドラインに引き付ける
・トレードルールを守る
・目標設定をしっかり行う
・勝パターンまで待つ!
・ルールを設定する
・PDCA(Plan,Do,Check,Action)のサイクルで考える
でした。

dsc08650

皆さん一人一人の普段のトレードで出来ていることや、
現状できていなくて目標とすることを明確に上げられていたことが印象的でした。

続いては「目標設定」です。

「毎月のトレードでいくら稼ぎたいか?」を明確にし、
それを達成するトレード戦略を数値に落とし込んでいきます。

これは先月の東京勉強会でも実施しましたが、

1か月のトレードの利回り目標を立てます。
・ワントレードあたりの利回り
・ロット計算
・損失はいくらまで許容するのか?
・リスクリワード、勝率はどのくらいを目指すのか
・月のトレード回数はどのくらいを目標にするのか

などです。

各自の資金量や目標利回りに合わせて数値を設定していくのですが、

具体的にリスクリワードや勝率から利回りを算出するシートで数値を導いていくと、

皆さん、「え?、そんなに月のトレード回数少なくてもOKなんですか?!」と驚いていました。

しっかりとしたリスクリワードを保ってトレードを重ねていくことが重要ですが、

具体的な数値に落とし込むと、
・月に何十回もトレードしたり、
・高勝率(70%以上も)保つ必要もなくても

意外に目標とする利回りを達成できることに驚いていました。

「これなら達成できる!!」と思える数値を認識することが大事です。

これをもとに実際にトレードを行い振り返ることによって、

調子を崩してしまった場合でも原因を自分で掴むことができます(^^)/

dsc08646

今回の勉強会で今年度は最終回です。

勉強会の後は、皆さんでいつもの行きつけの店で忘年会を楽しみました。

ここでも話すネタをトレードネタがほとんどです(笑)

私たちは、無料セミナーなどで多くの方と初めてお話しをする機会が多いですが、

トレーダーとは不思議なもので、

その場で初めて会った人でもトレードの話をすると、
今まで知り合いだったかのように盛り上がることができます。

実に不思議ですね(^^)/

12月のFX無料セミナーは、
【大阪サロン】で個別相談会(随時)として実施します。

下記のお問合せフォームより、ご希望の日時・時間をお知らせください
(調整の後、日時を決めさせて頂きます)

東京での無料セミナーは1月開催予定です。

FX無料セミナーのお申込みよりお問合せ願います!

「FXスクールFTA無料セミナーのご案内」

参加をご希望の方はお早目にお申込みお願いします。

決断して行動できる人がトレードでもどんどん上達していってます(^^)/

FXスクールFTAの会員さまの素晴らしいトレード結果なども参考にして下さいね。


「FXスクールFTAの会員様の声と素晴らしい成績」

関連記事

  1. %e6%9d%b1%e4%ba%ac%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a1007_2

    東京FX勉強会で聞いてみた。「デイトレード」したい方が案外多い!?

  2. 東京勉強会直近

    FTA東京勉強会 5/26の様子

  3. 1126%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc

    FTA東京無料セミナーのご案内 11/26(土)

  4. %e6%96%b0%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%a0%e5%88%b6%e4%bd%9c2

    現在FTA新カリキュラムを急ピッチで制作中

  5. 東京勉強会Aさん0223

    専業主婦トレーダーAさんの成長 2月は489PIPS!!

  6. サロン勉強会0421_2

    FTA 大阪勉強会4月 ラインの引き方をレッスン!

  7. 1・2月無料セミナー4

    FTAの1月・2月の無料セミナー開催が決定しました。

  8. Neustart

    FTA FXトレードスクール

  9. 個人レッスンYさん0210

    FTAのグループレッスンと個人レッスンの違い

PAGE TOP